ニュースリリース

【六甲山観光梶z六甲ガーデンテラス
「六甲山スイスフェア 〜アルプスの少女ハイジに囲まれて〜」
3月16日(土)〜6月2日(日)開催

2019年1月23日

六甲山観光株式会社

六甲ガーデンテラス

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:秦雅夫)のグループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治)が運営する六甲ガーデンテラスでは、2019年3月16日(土)から6月2日(日)まで、「六甲山スイスフェア 〜アルプスの少女ハイジに囲まれて〜」を開催します。

 六甲山とスイスは、登山電車やケーブルカーでアクセスをする山岳立地にある点など、共通点が数多くあり、スイスの雰囲気を随所に感じられます。

 六甲山随一の展望エリアである六甲ガーデンテラスでは、「アルプスの少女ハイジ」キャラクターのパネル展示や、アルプスの少女ハイジ衣装の無料レンタルなどの企画を実施する他、フェア限定でスイスに関連する飲食メニューやオリジナル商品の販売なども行います。

 また、近隣施設とも連携し、六甲オルゴールミュージアム所蔵の手回しオルガンの出張演奏体験を実施する他、六甲オルゴールミュージアムエリア内の小屋に、アルプスの少女ハイジのアニメでお馴染みの「干し草のベッド」が登場し、アルプスの少女ハイジの気分を満喫していただけます。六甲高山植物では、姉妹提携を締結しているシーニゲプラッテ高山植物園をご紹介し、園内スイス区ではスイス三名花を栽培して、山上全体でスイスの世界観を感じていただけます。

 

 

「六甲山スイスフェア 〜アルプスの少女ハイジに囲まれて〜」

◇開催概要◇ 

【開催日】 2019年3月16日(土)から6月2日(日) ※期間中無休

【開催場所】 六甲ガーデンテラス

(六甲オルゴールミュージアム、六甲高山植物園にも一部コーナー展開あり)

【料金】 無料 ※一部有料施設あり

【時間】 9:30〜21:00 ※店舗・天候により異なる

 

ⓒZUIYO

 

 

<六甲山とスイスのつながり>

  六甲山とスイスは、登山電車やケーブルカーでアクセスをする山岳立地にある点など共通点が数多くあります。「六甲高山植物園」では、2008年にスイスの「シーニゲプラッテ高山植物園」と姉妹提携を締結し、スイス国花「エーデルワイス」など様々な高山植物を栽培展示しています。

 また、六甲山にはスイスの山岳牧場をイメージして造られた神戸市立六甲山牧場などもあり随所にスイスの雰囲気を感じることができます。

 

 

 

 

≪アルプスの少女ハイジ関連イベント≫

@ 「アルプスの少女ハイジ」キャラクターパネルの展示

 アルプスの少女ハイジのキャラクターパネルや、キャラクターの特大ぬいぐるみが登場。また、エリア内ショップ「リトルホルティ」では、ハイジとクララの衣装の無料レンタルを実施します。エリア内にはハイジの気分を味わえるブランコも登場し、異国情緒漂うエリア内でフェアを満喫していただけます。

A 「アルプスの少女ハイジスタンプラリー」開催

 ハイジの仲間たちを探してスタンプを集めながら、山上施設を回遊できるイベントです。スタンプを集めると六甲ガーデンテラス限定のアルプスの少女ハイジノベルティなどをプレゼントします。

B 「アルプスの少女ハイジくじ」販売

 エリア内ショップ「リトルホルティ」にて、アルプスの少女ハイジキャラクター「ヨーゼフ」のぬいぐるみ(非売品)がもれなく当たるお得なくじを販売します。

【開催日】

2019年3月16日(土)〜6月2日(日)

【開催場所】

@A 六甲ガーデンテラスエリア内

(@衣装レンタル…六甲ガーデンテラス内ショップ「リトルホルティ」)

(A…六甲オルゴールミュージアム・六甲高山植物園にもスタンプ設置箇所あり。スタンプラリー台紙は各スタンプ設置箇所で配布)

B 六甲ガーデンテラス内ショップ「リトルホルティ」

 

【料金】

@A 無料 ※一部有料施設あり B 1,000円(税込)/1回

【時間】

@ 9:30〜21:00 A 9:30〜17:00 ※各スタンプ設置店舗毎に営業時間は異なる

B 9:30〜17:00(土日祝は〜20:00)

 

 

 

≪六甲オルゴールミュージアム連携イベント≫

@「スイス製オルゴール」の展示

 スイスはオルゴール発祥の地。フェア期間中、コインを入れると音楽に合わせて人形がダンスを踊り出すスイス製オルゴールを、展示します。

【展示場所】 六甲ガーデンテラス内ショップ「ホルティ」

 

 

A「手回しオルガン演奏体験」開催

ヨーロッパの街角やお祭りなどで、古くから大道芸人が演奏して人々を楽しませていたストリート・オルガン。ハンドルを回すと、華やかな音色が流れます。

【開催日】 2019年4月21日(日)、5月12日(日)、19日(日)、26日(日)

 ※天候不良の場合中止

【時間】 11時30分〜、13時00分〜 ※各回約30分

【開催場所】 六甲ガーデンテラス内「見晴らしの塔」前

 

 

 

B「ラクレットチーズランチ」販売

ライ麦パンやモルタデラ、野菜などをトロトロにとろけたスイス産のラクレットチーズにからめてお召し上がりください。

【料金】 1,850円(税込) ※数量限定/ドリンク付

【販売場所】 六甲オルゴールミュージアム内 シュトラウス・カフェ

【営業時間】 11:00〜16:30(ラストオーダー 16:00)

 

 

C「神戸オルゴール」販売

「神戸オルゴール」は六甲オルゴールミュージアムのオリジナルブランドです。「アルプスの少女ハイジ」の主題歌“おしえて”のオルゴールも編曲から完成までミュージアム内で製作しています。

【料金】 2,808円(税込)

【販売場所】

六甲ガーデンテラス内ショップ「ホルティ」・「KOBE+」

六甲オルゴールミュージアム内 ミュージアムショップ「時音」

 六甲オルゴールミュージアム内ミュージアムショップ「時音」及び、六甲高山植物園内ショップ「アルピコラ」では、「アルプスの少女ハイジ」グッズのコーナー展開を行います。

 

 

≪六甲高山植物園とシーニゲプラッテ高山植物園の関係≫

 六甲高山植物園とスイスのシーニゲプラッテ高山植物園は、登山電車やケーブルカーでアクセスする山岳立地にあり、自然環境をそのまま活かした造園であるなど、共通点が数多くあることから姉妹提携が締結されました。日本とスイスの植物園同士が姉妹提携を締結するのは初で、栽培技術の向上や観光の発展などの相互協力を通して日本とスイスの文化交流及び観光を促進する役割も担っています。

 六甲山スイスフェア期間中は、シーニゲプラッテ高山植物園のパネル展示を実施し、季節によってはスイス三名花も観賞していただけます。

 

六甲高山植物園 概要

 六甲山頂付近の、標高865m に位置し、北海道南部に相当する冷涼な気候を活かして、ヒマラヤ、ヨーロッパアルプスなど世界の高山植物や寒冷地植物を中心に約1,500種を栽培しています。

 一般公開されている日本の高山植物園としては最も長い歴史を誇り、1958年には博物館相当

施設に指定されました。

 

 

シーニゲプラッテ高山植物園 概要

 スイス・ユングフラウ地方の標高1,967m の山頂に位置し、アイガー、メンヒ、ユングフラウの三名山を正面に望む眺望とともに高山植物を楽しめる植物園。6月〜9月の開園期間中、スイスアルプスに見られるほぼ全種類にあたる約600種類の花々を楽しむことができます。