ニュースリリース

阪神甲子園球場が誕生95周年!
〜皆さまへの感謝の気持ちを込めて記念事業を行います〜

2019年1月18日

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)が運営する阪神甲子園球場は、1924年8月1日に甲子園大運動場として誕生し、高校球児の夢の舞台として、また、阪神タイガースの本拠地球場として、これまで幾多の筋書きのないドラマを生み出してきました。その阪神甲子園球場が本年、誕生95周年を迎えることから、この記念すべき節目を「95年の歴史を胸に、100周年に向かって皆さまへの感謝の気持ちを伝え、お返しをする年」とし、95周年記念事業を行います。

 

今回の記念事業では、95周年ロゴを制作し、そのロゴを使用した球場外周の装飾や、95周年限定グッズの発売など、様々な企画を行い、更に皆さまに愛される球場を目指してまいります。

95周年記念事業は本年を通して実施し、今後も様々な企画を展開していく予定です。

本年も阪神甲子園球場への皆さまのご来場をお待ちしております。

 

95周年記念事業の概要は次のとおりです。

 

1 95周年記念ロゴの制作

95周年記念ロゴには、95年分のお客さまへの感謝の気持ちと、100周年に向けて、阪神甲子園球場の歴史

とその魅力を、色褪せることなく発信し続けていくという想いを込めました。

 

 

  

2 球場外周の装飾

 阪神甲子園球場の外周を特別仕様のオブジェで装飾し、95周年を彩ります。

 また、4・5号門入場扉、11号門入場扉、球場正面対戦カード看板にはそれぞれ95周年ロゴのプレートを設置し、華やかな外周の装飾をお楽しみいただけるようにします。

       

(1)設置時期

 3月9日(土)から12月末まで(予定)

 

(2)装飾イメージ

 

 

3 95周年記念限定グッズ(第1弾)の発売

 95周年記念限定グッズを、3回に分けて販売し、本日(1月18日)から第1弾として、次の計7点を発売します。第2弾は3月下旬頃、第3弾は8月上旬頃に発売予定です。

 (1)商 品

 

 

 

 

(2)販売期間

 1月18日(金)〜12月27日(金)

 ※ 数量限定で商品がなくなり次第販売を終了します。あらかじめご了承ください。

  

(3)販売場所 

 @ 阪神甲子園球場16号門横スタジアムショップ(甲子園歴史館横)

  ※ 月曜日定休。ただし、祝日及び試合開催日は営業します。

  ※ 1月21日(月)〜1月30日(水)はメンテナンス休業のため、「タイガースチームショップアルプス」で販売します。

 A 阪神甲子園球場オフィシャルオンラインショップ

 B 阪神百貨店8F 阪神タイガースショップ(1月19日(土)から販売します。)

  ※ プロ野球や高校野球の開催期間中は上記以外にも阪神甲子園球場内のグッズショップなど、販売場所を拡大する予定です。

 

 

4 阪神甲子園球場95周年記念サイトをオープン

 阪神甲子園球場95周年記念事業の情報をお届けする特設サイトをオープンしました。

  URL:http://www.hanshin.co.jp/koshien/95th/

 特設サイトでは、商品・キャンペーン・イベント等の情報を随時発信します。

 また、特設サイトの企画として、決められたハッシュタグを付けてSNSで投稿していただくと、写真と投稿内容が掲載されるページを3月中旬頃に開設する予定です。

 SNS上で阪神甲子園球場にまつわる思い出を是非ご投稿ください。

  

 

5 阪神甲子園球場公式Twitterにおける「甲子園球場95周年リツイートキャンペーン」を開催

 阪神甲子園球場公式Twitterにおいて、「甲子園球場95周年リツイートキャンペーン」を開催します。

 【期間】

 1月18日(金)〜1月31日(木)

 【概要】

 阪神甲子園球場公式Twitterの「甲子園球場95周年リツイートキャンペーン」ツイートを期間中にリツイート及び阪神甲子園球場公式Twitterをフォローしてくださった方から、抽選で95名様に「95周年記念フェイスタオル」をプレゼントします。

 詳しくは次のURLをご確認ください。

   
 <URL>http://www.hanshin.co.jp/koshien/95th/event/

 

 

6 甲子園歴史館 95周年事業連動企画 第1弾

 甲子園歴史館では、阪神甲子園球場95周年記念事業に合わせて、様々なイベントを実施します。

 第1弾として、1月31日(木)〜4月7日(日)に開催予定の企画展「センバツ特集2019〜平成のセンバツ特集〜」において、阪神甲子園球場の歴史を年表や写真で紹介するパネルを企画展示コーナー内に設置します。

 詳細は、1月末頃に実施予定の企画展のリリースでご案内します。

 

 

以 上 

 

 

 

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、895.8kバイト)。