ニュースリリース

【六甲山観光梶z六甲ミーツ・アート芸術散歩2018
来場者投票で選出「オーディエンス大賞」グランプリ
松蔭中学校・高等学校美術部「それゆけ!てんしろうくん」に決定!

2018年11月1日

六甲山観光株式会社

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市社長:秦雅夫)と、そのグループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市社長:宮西幸治)は、本年11月25日(日)まで六甲山上の11会場において、現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート芸術散歩2018」を開催しています。今年は、総勢37組のアーティストが参加して、作品展示やワークショップを展開、たくさんのお客様に自然や眺望、文化、歴史といった六甲山本来の魅力を五感で感じながら、ピクニック気分でアート作品をお楽しみいただいています。

 本展覧会では全展示作品(本年度は38作品)を対象に、来場者の人気投票で選出する「オーディエンス大賞」を設けており、投票の受付を9月8日(土)から10月28日(日)まで行いました。結果、以下の通り3賞が決定しましたのでお知らせいたします。

  

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018「オーディエンス大賞」 受賞者

 グランプリ 松蔭中学校・高等学校 美術部「それゆけ!てんしろうくん」 賞金50万円

 準グランプリ 榮建太郎「いしのたね」 賞金20万円

 第3位 花田千絵「ほどけるとき」 賞金10万円(提供:一般社団法人 兵庫県宅地建物取引業協会)

 

 

 ≪松蔭中学校・高等学校 美術部のイベント「がんばれ!てんしろうくん!」≫

【日時】11月3日(土・祝)、23日(金・祝)13:00〜16:00【場所】自然体感展望台六甲枝垂れ

【料金】無料※鑑賞チケットまたは施設入場料(大人300円、小人200円)別途要

 

■六甲ミーツ・アート芸術散歩2018「オーディエンス大賞」受賞者について

《グランプリ》アーティスト名:松蔭中学校・高等学校美術部びじゅつぶ/作品名:それゆけ!てんしろうくん

 個性豊かな中学高校生が既成概念にとらわれない自由な発想でプランを出し合い、完成した今回の作品。思いがけない仕掛けやパフォーマンスもあり、アート表現の自由さが改めて存分に感じられる作品に仕上がっています。「体験できるパフォーマンスがアートを身近にしてくれた」とワークショップも含め評価されました。

 本アーティストは昨年の六甲ミーツ・アート大賞※でもグランプリを獲得しています。

 ※ 2018年度より「オーディエンス大賞」に名称が変わりました。

 

 

《準グランプリ》アーティスト名:榮建太郎(さかえけんたろう)/作品名:いしのたね

 石積み職人として経験を重ねてきた作者は、各地の山や川で石を採集、種の形に、組み上げました。環境との親和性が高い技術と作者の経験を集約した渾身の力作です。作品には豊かな自然への好奇心の「種」になればという作者の願いが込められています。鑑賞者からは「シンプルの中に作品を作る努力を感じた」「ワークショップがとても面白かった」などの声が寄せられました。

<経歴>

 1973年兵庫県生まれ、兵庫県在住

 1991年兵庫県立神戸高塚高校卒業

 

 

《第3位》アーティスト名:花田千絵(はなだちえ)/作品名:ほどけるとき

 大小様々な7体の猫が会場の園内外に点在する今回の作品。いくつかの木片をダイナミックに組み合わせて作られていますが全体を見ると活き活きとした生命感を強く感じるのは作者の観察力と造形力の高さの表れです。本展のメインビジュアル作品としてはもちろん「作品を探すのが楽しかった」「心がほぐれた」など多くの方に親しまれました。

 

<経歴>

 1974年栃木県生まれ、栃木県在住

 1999年宇都宮大学大学院教育学研究科修了

 2017年「第71回二紀展」国立新美術館/東京

 2014年「宇都宮美術の現在展」宇都宮美術館/栃木

 2013年個展「花田千絵彫刻展」ギャラリー・イン・ザ・ブルー