ニュースリリース

【神戸高速鉄道梶z−「メトロこうべ」活性化プロジェクト 現在進行中−
「メトロ卓球場」の開業以来初の大規模改装工事を実施!
〜生まれ変わる「メトロ卓球場」にご期待ください〜

2018年7月26日

神戸高速鉄道株式会社

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦 雅夫)のグループ会社である神戸高速鉄道株式会社(本社:神戸市中央区、社長:佐々木 浩)では、高速神戸駅・新開地駅間の地下街「メトロこうべ」が9月に開業50周年を迎えるに当たり、その活性化に取り組んでおりますが、その一環として、「メトロ卓球場」の改装工事を行い、8月31日(金)にリニューアルオープンします。

 「メトロ卓球場」は、1971年(昭和46年)にオープンし、地下にある卓球場として年間約5万人がご利用しているメトロこうべの“名物スポット”ですが、今回の工事は、開業以来初となる大規模な改修工事です。

 

 今回の工事では、施設全体を青色を基調としたさわやかなイメージに仕上げ、卓球台はもちろん、休憩スペース等を一新します。また、日頃ご利用いただいているお客さまのご意見を踏まえ、従来よりも弾力のある床にすることで、利用される皆さまの足腰への負担を軽減し、その床材は木目調で温かみのあるイメージとします。更に、卓球教室等でご利用いただいている方々へのサービスとして、月極有料ロッカーも整備します。

 

 当社では、開業50周年を迎える「メトロこうべ」の活性化策として、これまで地下通路へのトリックアート作品や巨大壁画の設置、神戸タウンの東ゲートの改装、地下街や駅利用者の利便性向上のための新規店舗の誘致などを行ってきました。今後も、地域の皆さまから愛される「メトロこうべ」を目指し、施設の美装化や店舗ゾーニングの見直し等を行い快適性や魅力の向上に継続的に取り組んでまいります。 

 

 なお、工事のため、メトロ卓球場の営業を、8月2日(木)から30日(木)まで一時休止させていただきます。営業休止期間中は、皆さまにはご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご理解くださいますようお願い申し上げますとともに、新しく生まれ変わる「メトロ卓球場」を、今後ともよろしくご愛顧のほどお願い申し上げます。

 

 改装工事及びメトロ卓球場の概要は次のとおりです。

 

 【改装工事の概要】

1 リニューアルオープン(予定)

  8月31日(金)13:00

2 工 事 概 要

  床材(シート)の更新、卓球台の更新、施設内壁面・ファサード(外回り)の美装化、休憩スペース・受付ブース・更衣室の改装、月極有料ロッカーの整備  等

3 営業休止期間

  8月2日(木)〜8月30日(木)

 

【「メトロ卓球場」概要】 http://metrokobe.jp/koshogai/2.html

1 開   業  1971(昭和46)年11月1日

2 場   所  高速神戸駅西改札口を西へ100m

3 施設概要  面積 642.70u

          卓球台13台、男女更衣室、休憩スペース等

4 営業時間  10:00〜20:00(最終受付19:30) 

          ※ 元日のみ休業

 

(現在のメトロ卓球場)

 

 

 (改装工事後のイメージ)

 

 

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、204kバイト)。