Home > 球場情報 > 新施設のご案内

球場情報 座席検索や施設ガイドについて

新施設のご案内

スタンド観客席の改良

内野スタンド及びアルプススタンドをグラウンド側へ拡張し、座席エリアが広がりました。 スタンド観客席の改良


内野席

座席の前後間隔を広げるとともに、ゆったりしたシートデザインで快適性が大幅に向上。
横配列も全て10席以下(リニューアル前最大34席)とし、通路への出入りが便利に。

●TOSHIBAシート、SMBCシート、グリーンシート ●アイビーシート、ブリーズシート
TOSHIBAシート、SMBCシート、グリーンシート ■前後間隔/90cm
(リニューアル前/75〜90cm)
■全席テーブル装備
■TOSHIBAシート、グリーンシートの一部には、座席面にクッションを装着
アイビーシート ■前後間隔/80cm
(リニューアル前/65cm)
■座席横幅/48cm
(リニューアル前/42〜47cm)
■全席カップホルダー装備

アルプス・外野席

座席下の荷物置きスペースと、くぼみのある座りやすいシートで観戦環境を快適に。

●アルプス席 ●外野席
アルプス席 スタンド下の2階通路新設に
伴い、スタンドから通路への
出入口を2階に新設。
外野席 横配列が概ね20席
(リニューアル前最大55席)となるように、縦通路を倍増し、通路への出入りを便利に。

車椅子席のイメージ

車椅子席

これまで内野3塁側(12席)のみだった車椅子席を、内野のグリーンシート及び1・3塁アイビーシート(各4席)、アルプス席(1・3塁各2席)、外野席(ライト10席、レフト5席)に新設し、全てのエリアからご観戦いただけるようになりました(合計31席)。これに伴い、内野及び外野スタンドにエレベーターを設置しました。

三ツ矢サイダーボックスのイメージ
※写真は三ツ矢サイダーボックス(3塁)

三ツ矢サイダーボックス

2009年より内野3塁アイビーシートの一部に、また2012年より内野1塁アイビーシートの一部にも、グループ席「三ツ矢サイダーボックス」を新設。
日本的居酒屋をイメージした掘りごたつ式の座席で、柱に設置したモニターで試合中継を見ながら、球場のライブ感をご家族・お友達とご一緒に楽しんでいただける、新しいタイプの座席です。 ※プロ野球公式戦開催日のみ利用可能

【1塁側】
■席数:11ボックス(合計49席)
■定員:4〜5名(4名用/6ボックス、5名用/5ボックス)
【3塁側】
■席数:17ボックス(合計79席)
■定員:4〜5名(4名用/6ボックス、5名用/11ボックス)

場内サービスの向上

場内サービスの向上のイメージ

喫煙室の新設

通路と完全にセパレートした喫煙室を新設し、喫煙者・非喫煙者が
ともに気持ちよく過ごせる通路環境を整えました。
(内野10カ所、アルプス8カ所、外野10カ所)

授乳室の新設

お子様連れのお客様にもご来場いただきやすいよう、
授乳室を新設しました。(内野2カ所、外野1カ所)

トイレの改良

洋式トイレの増設や、男女とも全トイレにベビーベッドを設置するなど、
お客様に快適にご利用いただける設備を整えたトイレにリニューアル。
オストメイト対応の多目的トイレ(内野5カ所、外野2カ所)も設置しています。

託児所「甲子園キッズルーム」

スコアボード1階部分に、託児所「甲子園キッズルーム」を新設。
お電話で事前予約の上、入場前にお子様をお預かりします。
外周側に入口があるため、どのエリアでご観戦される場合でも
ご利用が可能です。

【営業時間】プロ野球公式戦開催日 試合開始1時間前〜試合終了後30分
【利用料金】600円/30分(深夜22時以降は750円/30分)

売店・イートインレストランのリニューアル

甲子園カレーや焼鳥など、リニューアル前から多くの方に支持され、甲子園球場の名物にもなっているメニューはそのままに、タイガース選手とのコラボメニューや、球場内でしか食べられないメニューなど、性別や世代を超えて幅広いお客様に喜ばれるよう、飲食売店のメニューラインアップが豊富に。
また、個性豊かなイートインレストランのほか、タイガース選手コラボ弁当なども登場し、球場グルメの楽しみが大幅に広がりました。スコアボード下には、これまでにないユニークなレストラン「ココナッツガーデン」もオープン。

売店・イートインレストランのリニューアルイメージ

プレミアムラウンジのイメージ

プレミアムラウンジ

TOSHIBAシート及びグリーンシートの一部エリアを年間予約席でご購入の方限定で、ご希望により会員権を購入していただける「プレミアムラウンジ」を新設。
阪神タイガース主催のレギュラーシーズンにご利用いただける座席数約150席のラウンジで、バラエティ豊かな料理とアルコールを含めたドリンクが、オールフリーで楽しめます。

銀傘の架け替え

銀傘の架け替えイメージ


銀傘 リニューアル後の変化のイメージ

内野スタンドを覆う屋根(銀傘)を架け替え、内野スタンドの両端までを覆う新しい銀傘を設置。面積は従来の約1.4倍の約7,500m2に広がり(リニューアル前/約5,400m2)、高さも最先端部で30.6mと、従来より約5m高くなりました(リニューアル前/25.5m) 。
また、銀傘を支える柱が約12m後退することで、柱の影響により視界を遮られる座席が減少しました。

甲子園ライナービジョンのイメージ

甲子園ライナービジョン

新しい銀傘下、ロイヤルスイートのバルコニー壁面に、「甲子園ライナービジョン」を新設。左右の長さ約250 m、高さ約1.2m という横に長い形状を持ったLEDの映像装置で、各種情報や演出素材、広告素材等を放映します。

ロイヤルスイートのイメージ

ロイヤルスイート

新しい銀傘の下に個室タイプの観覧席「ロイヤルスイート」を33室新設しました。室内で自慢の料理の数々をお楽しみいただけるほか、屋外で観戦できるバルコニー席も設置しています。
※法人との年間契約。一般販売はなし。

照明塔の新設

照明塔の新設のイメージ

従来の照明塔を撤去し、新しい照明塔6基を、アルプス・外野スタンド及び新しい銀傘上に、各2基設置。リニューアル前はスタンド内に設置されていた前方の柱を、スタンド最上段まで後退させ、後方の柱は球場外周に設置しました。これにより、照明塔に支障される座席はほとんど無くなり、アルプス・外野席からの視界がクリアになりました。
また鉄塔の高さが約44m と、リニューアル前より約9m高くなり(リニュアール前/約35m) 、また、銀傘上の照明をこれまでの4段から2段に変更しました。
なお、明かりの照度や色は、リニューアル前と同様のバッテリー間及び内野が2,500ルクス以上、外野が2,000ルクス以上となるように設計。(経年劣化による保守率を見込んでいるため、竣工当初は従来より明るく感じられます。)照明の一部には、停電対策として、再点灯までの時間が短い電球(ショートアーク)を取り入れ、安全な明るさをすぐに復旧することが可能になりました。

リニューアル前 リニューアル後
ロングアーク(1,000W) 476台 ロングアーク(1,500W) 504台
ナトリウムランプ(360W) 232台 ナトリウムランプ(660W) 208台
ショートアーク(2,000W) 44台
合計 708台 合計 756台

ツタの里帰り

ツタの里帰りイメージ

「ツタの再生」のひとつとして、2000年に日本高等学校野球連盟加盟校に贈られ、全国各地の高校で育成されているツタを、リニューアル後の球場外壁に植樹する「ツタの里帰り」を、日本高等学校野球連盟、朝日新聞社、阪神甲子園球場の三者主催で進めてきました。2009年3月の第II期リニューアル工事完了に伴い、内野エリアの一部に参加233校全てのツタの植樹が完了しました。
また、この植樹完了に伴い、全参加校の学校名を刻んだ記念銘板を、外野レフト側外周(照明塔基礎部分)に設置しました。
※球場全周にツタが植樹されるのは2010年3月の第III期リニューアル工事完了時の予定です。

このページのTOPへ