球場紹介・サービスガイド

TOP > 球場紹介・サービスガイド > 甲子園あれこれ

甲子園あれこれ

甲子園の名の由来

甲子園の名の由来甲子園球場が完成したのは、大正13年8月1日です。この年は、奇しくも、十干、十二支のそれぞれ最初の「甲(きのえ)」と「子(ね)」が60年ぶりに出合う年でした。縁起のよいこの年にちなんで、この付近一帯を「甲子園」と、また野球場を「甲子園球場(当時は大運動場)」と名付けました。 「リニューアル前の球場」

甲子園の土

甲子園の土球場建設で最も神経を使ったのがグラウンドの土でした。阪神間はもともと白砂青松の地で、土も白っぽく、ボールが見にくい状態でした。そのため、黒土を合わせようということになり、試行錯誤の結果、淡路島の土をとりよせ、粘り具合を確認しました。当時の担当者はグラウンドを走ったり、すべりこんだりして土の硬さや色目を実験しました。この熱意は今も受け継がれ、黒土と白砂のブレンドは常に変遷を経ています。例えば、雨の多い春は水はけを良くするため砂を多くして、日差しが強くボールが見えにくくなる夏を迎えると黒土を多くするといったように、グラウンドキーパーの長年の経験と技術によって絶妙の色合いと質感が生まれます。

芝生

芝生土とともに選手にとってはプレーが左右される芝生。人工芝が大勢を占める内外で、見事な自然芝を誇っています。球場開設当初はまったく土だけのグラウンドでしたが、2年後には外野一帯にクローバーなどの草が生えて、芝の代役をしていました。芝生は昭和4年の春に張付けが終わり、春の大会が行われました。また、昭和57年から芝生の二毛作(ティフトンをベースにペレニアル・ライグラスをオーバーシーディング)に成功し、一年中緑のじゅうたんをお目にかけることができます。見た目がきれいなだけでなく、プレーする選手にとっても、地球環境に対してもやさしい天然の芝。相手は生きものだけに、散水、除草、施肥、定期的な刈り込みと、日頃から丹念な手入れが施されています。

甲子園のツタ

甲子園のツタ球場が完成した大正13年の冬から、壁面を飾る目的で球場外壁にツタが植栽されました。それ以来、外壁一面を覆い、甲子園球場をベストドレッサーに仕上げてきたツタは、甲子園のシンボルとして球場の歴史と共に歩んできました。株数約430本、葉の面積はタタミ8000畳分とも言われたツタは、平成18年の秋から、球場のリニューアル工事に伴い一旦伐採されましたが、再植樹にあたり、平成12年夏に20世紀最後の選手権大会を記念して高野連加盟校に贈呈されていた甲子園のツタの種子が「里帰り」として戻ってきました。平成21年3月には里帰りしたツタと養生地で育成されたツタの再植樹が完了しました。球場全体を覆い隠すまでになるにはまだ何年もかかりますが、外壁に沿って順調にそのツルを伸ばしています。

銀傘

銀傘甲子園球場の自慢のひとつに銀傘があります。リニューアル前の銀傘はアルミ合金製で昭和57年にふきかえられた3代目でしたが、開設当初は鉄傘と呼ばれておりました。増設されてアルプススタンドまで覆っていたその鉄傘は、太平洋戦争のさなかの昭和18年に供出され、26年に現在の形の銀傘が完成しました。雨よけに便利な大屋根と思われていますが、当時は陽よけを目的として作られたというのも案外知られていない事実です。銀傘はリニューアル工事により、内野席全体(アルプス席を除く)を覆う四代目の新銀傘に架け替えられました。

甲子園大運動場建設記念碑

甲子園大運動場建設記念碑建設当初の姿を再現した、ブロンズ・御影石製のモニュメント。平成6年8月1日の開設70周年を記念して、朝日新聞社、毎日新聞社、日本高等学校野球連盟から寄贈されました。このモニュメントは、スタジアムに続く駅前広場の遊歩道の一角に建てられています。

アルプススタンド

アルプススタンド昭和4年夏に増設されたアルプススタンドは、夏の高校野球の時、白いシャツのファンで超満員。漫画家の岡本一平さんが「ソノスタンドハマタ素敵ニ高ク見エル、アルプススタンドダ、上ノ方ニハ万年雪ガアリサウダ」と朝日新聞に漫画を描いて以来、「アルプススタンド」と呼ばれるようになりました。

  • 高校野球グルメ
  • プロ野球グルメ

阪神甲子園球場 オフィシャルスポンサー

  • Asahi
  • TOSHIBA
  • MIZUNO
  • MITSUBISHI ELECTRIC
  • セブン-イレブン