「電車」パビリオンガイド

運転士でできること

運転シミュレーターを使って、安全に運行しよう。
車掌との協力が大切。
シミュレーターはそれぞれのこどもが体験しやすいよう、難易度が3段階に分かれています。

安全運行の心得

運転士の仕事

1
車掌からのベル合図や、知らせ灯、信号を確認して出発!
2
シミュレーターの走行映像を見ながら、力行(りっこう)ハンドルやブレーキハンドルを操作し、電車を動かします。
3
信号や標識に従って、運転速度を守りながら電車を運行します。
4
停止標で電車を停止させます。
5
1~4を繰り返す。
運転風景 運転台の様子
ここもすごい!「電車」パビリオン
シミュレーターには、本当に走っている電車にカメラやマイクをつけて撮影・録音した映像や音が流れています。走行区間は、野田~尼崎間と、甲子園~芦屋間で、上下4区間のいずれかを運行できます。
  • 撮影風景
  • 電車時計は本物を使っています

 

知って楽しい!パビリオン情報