阪神電車

MY MINDMY MIND
お客様から寄せられる意見をうけて「自分ならどうするか」と自分事に置き換えることで、判断力を磨くよう心がけています。

通勤や観光の足として、普段から何気なく利用する公共交通機関。私は地方の出身ということもあって、安い運賃で長い距離を自由に移動できる電車の大切さを幼い頃から痛感していました。それもあって、次第に「将来は交通インフラを担う仕事に就きたい」と考えるように。就職活動では交通インフラを担う企業を中心に見て回っていました。そのなかからHANSHINを選んだ理由は、緻密なダイヤ、お客様の目的に合わせた豊富な種類の列車、営業距離は短いが高い輸送需要を誇り、相互直通運転を行うことで重要なネットワークを支える鉄道事業があることを知ったから。ほかにも阪神甲子園球場をはじめ、様々なコンテンツを展開するなど、交通だけに留まらない幅広い事業を展開している点に魅力を感じたのも入社を決めた動機です。
入社後、運輸部に配属となってから現在に至るまで、1~2年ごとに担当を異動しながら実に多様な業務を経験してきました。それは決して私だけが特殊なケースというわけではなく、運輸部のスタンダードでもあります。バランス良く様々な経験を積むためにも職場の移り変わりが早くなるんです。ただ、どんな現場に配属となっても、目指すべき大きな到達点はただひとつ。「お客様満足度の向上」、これに尽きます。

入社して最初に配属となった運輸部の企画課では予実管理を担当し、翌年には鉄道の現場で指導を担う立場に。その後も現場である尼崎駅や運輸部の本社部門を経験し、初めてのジョブローテーションで東京事務所に異動するなど、いろいろな現場、部署を経験してきましたが、どんな職場でも重要となるのは「各部署で適応するためのコツ」をつかむことです。コツは人それぞれなので「こうすればいい」という絶対的な答えはありません。私の場合は「不明点がある場合は、何がわからないのかを明確にリストアップしたうえで質問する」ことを徹底していました。何もわからないまま漠然とした質問をしても、質問される側は戸惑うだけです。些細な質問事項でも事前にしっかりと準備をしておくことで相手にも伝わりやすくなりますし、その積み重ねが知識の吸収や適応力の向上、円滑なコミュニケーションに繋がります。
これからも、様々な現場を経験することになると思いますが、ひとまずは、鉄道の現場のトップとも言える駅長を目指し、「非常事態に強い駅」をつくることが目標です。それぞれの係員が積み重ねてきた知識と経験をフルに活かし、今以上に事故や災害などのイレギュラーに強い駅を実現すれば、それがお客様満足度の向上、「阪神電車なら大丈夫」と思っていただけることにも繋がります。今後も積極的に多様な業務に触れながら経験を積み、そんな駅の実現に貢献できる力を付けたいと考えています。

「自分の言葉で、自分の考えていることを説明する」。就職活動でも社会に出てからも、それが一番大切です。普段、仕事をしているとよく「これでいいですか?」「どう言えばいいんでしょうか?」という相談を受けることがありますが、一人ひとりの考え方に100%の正解や不正解はないんです。形式にこだわって一般論を丁寧に説明したところで、それは100%の正解でもなければ「自分の考え方」を説明したことにもなっていません。How toにばかりとらわれることなく、自分自身の素直な思いや希望を自分の言葉で伝えられるよう努めてください。

成長のために積極的にチャレンジする

仕事では現場を取りまとめる責任ある業務を手がける、プライベートでは課題と目標を設定して勉強や運動を実践する。そうした取り組みを通じて自分を活性化したいと考えています。

仕事内容自体はいろいろなものがありますが、いずれの業務もお客様満足度の向上を意識しています。

お客様から乗り換えに関する質問や、忘れ物の申告を受けることが多い仕事を担当する者にとって、この列車運行図表は欠かせません。社員間では「ダイヤグラム」と呼ばれており、運輸部に所属する社員は全員が常に携帯しています。