阪神ケーブルエンジニアリング株式会社

Home

会社情報

事業内容

技術紹介

採用情報

お問い合わせ

ISO

個人情報保護方針

プライバシーマーク

お助け本舗

Hai connect


技術紹介
CATV施設設計 CATV伝送路構築 CATV伝送路保守  
CATV施設設計

フレキシブルに設計、リアルタイム・データ更新
 阪神間のケーブルテレビ局関連施設の設計を行っており、現在、幹線設計用CADを4台所有し、様々な規模の幹線設計、電波障害設計およびマッピングシステム※1のデータ更新に対応しております。
 
幹線設計用CAD
     

※1 「マッピングシステム」
加入者系線路や電柱移設による幹線ルートは日々変化します。これに対応するため、当社ではマッピングシステムのデータをリアルタイムで更新することとし、この結果メンテナンスさせていただいているケーブルテレビ局の最新伝送路は、常にCADデータとして存在することになり、大変ご好評をいただいております。また、更新するデータには家屋の形状や新築マンション建築による地図変更、電柱・メッセンジャワイヤの状況、光・同軸ケーブルルート、アンプ/タップなどのアクティブ/パッシブ機器の増減など、CATV伝送路を取り巻く全ての要素を含み、きめ細やかなデータ構成を実現しております。
 
マッピングシステム
マッピングシステム
(クリックすると拡大画像
が表示されます。)



Copyright (c) Hanshin Cable Engineering Co.,Ltd. All rights reserved.