阪神ケーブルエンジニアリング株式会社

Home

会社情報

事業内容

技術紹介

採用情報

お問い合わせ

ISO

個人情報保護方針

プライバシーマーク

お助け本舗

Hai connect


技術紹介
CATV施設設計 CATV伝送路構築 CATV伝送路保守  
CATV伝送路構築
迅速かつ安全な施工体制
 伝送路の構築に関しては、静音型バケット車※2などの周囲の環境に優しい設備を導入し、昼夜を問わない迅速かつ安全な施工体制をとっています。
 日進月歩のケーブルテレビを取り巻く技術環境に対応するため、当社ではCATVアナライザ※3を用いた伝送路特性の解析や流号雑音対策などの最新技術を修得し、高品質な伝送路の構築に貢献しています。



※2 静音型バケット車
 今やライフラインの一つとなったケーブルテレビ。事故などには迅速な復旧が求められるため、その作業は昼夜を問いません。そのため、夜間でも周囲に騒音でご迷惑をかけぬよう配備しているものが、静音型バケット車です。これは、走行用とは別のバケット専用静音型エンジンを搭載したバケット車で、私たちは夜間作業はもちろん、昼間においてもこれを用い、周囲の環境に配慮しています。
 
静音型バケット車 バケット作業中
静音型バケット車   バケット作業中

※3 CATVアナライザ
 より高品質な通信を行う上で、伝送路特性を把握することはかかせません。光・同軸ケーブルが混在するケーブルテレビシステムでは、様々な特性要因、それを測定する測定器具が存在しますが、このCATVアナライザは、それらすべての項目を精密に測定することが可能です。
 
CATVアナライザ
CATVアナライザ



Copyright (c) Hanshin Cable Engineering Co.,Ltd. All rights reserved.