ニュースリリース

甲子園球場でイオンの電子マネー「WAON」決済サービス開始
9月8日(土)から阪神甲子園球場内の飲食売店及びグッズショップで利用可能に!
〜同日から、「WAONで飲んで、食べて、グッズも買ってポイントゲットキャンペーン!!」を実施します〜

2018年9月6日

阪神電気鉄道株式会社

イオン株式会社

 

 

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:秦 雅夫)とイオン株式会社(本社:千葉県千葉市、代表執行役社長:岡田 元也)は、阪神甲子園球場内の飲食売店及びグッズショップにおいて、イオンの電子マネー「WAON」での決済サービスを、9月8日(土)から開始します。

 

 阪神甲子園球場では、これまでに多くの電子マネーを導入しており、今回、累計発行枚数7,000万枚を超える「WAON」の決済サービスを新たに導入することで、球場利用者の更なる利便性向上を図ります。

 

 イオンの電子マネー「WAON」は2007年4月に誕生以来、“いつでも・どこでも・誰でも”気軽にご利用いただける生活者の電子マネーというコンセプトの下、利用箇所の拡大を進めてきました。スピーディーな決済、煩雑な小銭管理が不要となる利便性、WAONポイントが貯められるお得さや、利用できる加盟店が拡大したことなどが高く評価され、2015年に電子マネー全体の利用金額が5兆円を超える中、そのうち、WAONの利用金額は4割を超えました。

 なお、現在は全国の約40万箇所で「WAON」が利用できるようになっているほか、阪神タイガースをデザインした「阪神タイガースWAON」も発売しています。

 

 

 なお、今回の「WAON」決済サービスのスタートを記念して、9月8日(土)〜10月12日(金)の期間において、阪神甲子園球場内の飲食売店及びグッズショップで、「WAON」のご利用でポイントが10倍になる「WAONで飲んで、食べて、グッズも買ってポイントゲットキャンペーン!!」を実施します。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今後も両社では、お客さまの利便性向上に向け、魅力あるサービスの提供に努めてまいります。

  

 ※ 野村総合研究所「ITナビゲーター2016年版」スマートペイメント市場データを基に試算しています。

 

 

 

 

 

参 考

 

■キャンペーン概要

期 間:

 9月8日(土)〜10月12日(金)

 ※タイガース公式戦非開催日でも甲子園歴史館横スタジアムショップはポイント対象となります(営業日のみ)。

 ※甲子園駅前のタイガースチームショップアルプスは対象外です。

企画名:

 WAONで飲んで、食べて、グッズも買ってポイントゲットキャンペーン!!

内 容:

 期間中に阪神甲子園球場内の店舗で「WAON」でお支払いいただくと、10倍のWAONポイントを進呈します。

受取り:

 全国のイオン・イオンスタイル・ダイエー・マックスバリュ・光洋などの各店舗に設置のWAONステーション又はイオン銀行ATMでキャンペーンポイントが受け取れます。

  

■「阪神タイガースWAON」概要 

発行開始日:

 2018年4月26日(木)

販売店舗:

 近畿・首都圏のイオン・イオンスタイル、一部サンヨーマルナカ 90店舗に拡大中

発行手数料:

 1枚300円(税込み)

チャージ上限:

 5万円(1回あたりのチャージ金額上限は4万9,000円)

 

 

  

■「WAON」概要

累計発行枚数:

 約7,190万枚(2018年7月末現在)

利用可能箇所:

 約40万箇所(2018年7月末現在) 

 ※自動販売機、ドライバー端末約22万3,000箇所を含む。

 

以 上

 

 

 

 

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、289.3kバイト)。