ニュースリリース

【六甲山観光梶z野外写真展「ROKKOフォトグラフィックガーデン」
6月9日(土)より特別展示を実施!
〜六甲山・摩耶山の歴史や四季にちなんだ写真を展示〜

2018年6月8日

六甲山観光株式会社

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:秦雅夫)のグループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治)は、7月31日(火)まで「初夏の花めぐり ROKKOフォトグラフィックガーデン」を開催しています

 六甲山上は、5月から7月にかけて1年のうちで最も緑が美しい季節を迎えます。本施策では、ベストシーズンを迎える 初夏の六甲山で、美しく咲く花々と野外展示されたアーティスティックな写真を通じて、六甲山の魅力を五感でお楽しみ いただけます。同展示では10名の写真家・アーティストによる240点以上の作品を展示しています。今回、6月9日(土)より、同施策の会場である六甲高山植物園および六甲山カンツリーハウスで特別展示を行います

 また、六甲山カンツリーハウスでは現在「ニッコウキスゲ」の大群落(約27,000株)が見頃を迎えています。さらに、 関連展示と同日の6月9日(土)より「バラの小径 ローズウオーク」がオープンし、90種以上のバラが鑑賞できます。 その他にも、六甲高山植物園で「エーデルワイス」が見頃のほか、六甲ガーデンテラスでは「アイリス」「シャクヤク」が、 六甲オルゴールミュージアムでは「キショウブ」「オオデマリ」が館内のミュージアムガーデンを彩るなど、山上の各施設で 色とりどりの花々が楽しめます。

 

■ 「初夏の花めぐりROKKOフォトグラフィックガーデン」特別展示

 「初夏の花めぐりROKKOフォトグラフィックガーデン」の特別展示を実施します。六甲高山植物園内「山小屋カフェエーデルワイス」では、1957年より六甲山上で運営していた「回る十国展望台」からの眺望の他、「摩耶観光ホテル」の遊具を楽しむ観光客など、昭和の六甲山・摩耶山で撮影された懐かしの古写真など21点を展示します。

 また、六甲山カンツリーハウスでは、六甲ガーデンテラスに勤務するスタッフが撮影した四季折々の「自然体感展望台六甲枝垂れ」の写真8点を野外展示します。

【展示期間】2018年6月9日(土)〜7月31日(火)

【場所・展示内容・時間】

 @ 六甲高山植物園「山小屋カフェエーデルワイス」

  ■ 昭和の六甲山・摩耶山古写真展示

    営業時間:11:00〜16:30(ラストオーダー16:00)

    ※写真鑑賞には、飲食利用が必要

 

  A 六甲山カンツリーハウス

  ■ 自然体感展望台六甲枝垂れ四季の写真展示

    営業時間:10:00〜17:00(受付終了16:30)

   ※写真鑑賞には、ROKKOフォトグラフィックガーデンの有料会場に入場できる4施設共通券(大人1,600円、小人800円)または、六甲山カンツリーハウスの入園料(大人620円、小人310円)が必要

 

初夏の花めぐり ROKKO フォトグラフィックガーデン 花めぐり情報(6/7 現在)

 

初夏の花めぐりROKKOフォトグラフィックガーデン概要

【開催期間】2018年5月11日(金)〜7月31日(火)

【開催時間】10:00〜17:00※会場により受付終了時間が異なります。

【会場】六甲ガーデンテラス、自然体感展望台六甲枝垂れ、六甲山カンツリーハウス、六甲高山植物園、六甲オルゴールミュージアム、六甲ケーブル(天覧台含む)

[プラス会場]TENRAN CAFE

※プラス会場「TENRAN CAFE」の展示作品の見学は、カフェのご飲食利用が必要です。

【4施設共通券発売料金・期間】

 当日券:大人(中学生以上):1,600円/小人(4歳〜小学生):800円

 ※各施設へ単独で入場した場合は大人:2,570円、小人:1,330円

 ※本チケットで有料4会場(「自然体感展望台六甲枝垂れ」「六甲山カンツリーハウス」「六甲高山植物園」「六甲オルゴールミュージアム」)にそれぞれ会期中1回の入場(当日は再入場可)が可能です。加えて、当日以降のお好きな日(〜11月25日(日)まで)に、いずれかの有料施設に1回入場できる特典つきです。

【販売場所】

 当日券:

  有料4会場の各窓口、六甲ケーブル六甲山上駅構内「ショップ737六甲遊山案内処」

 当日割引券:

  JTB レジャーチケット、JTB 電子チケット(PassMe!)、イープラス、チケットぴあ

 ※コ ンビニ発券端末からも購入可。詳しくは web サイト(http://www.rokkosan.com)をご確認ください。

【出展アーティスト】

 アール・ジェイ・カーン、大宮エリー、川島小鳥、金サジ、キャロル・アーブ、サンドラ・チェン・ワインスタイン、島田洋平、ヤマモトヨシコ、リチャード・トゥシュマン、リョウタ・カジタ(順不同)

【主催】六甲山観光株式会社

【協力】インクジェットパートナー、エプソン販売株式会社、Mirage Gallery

【ディレクター/キュレーター】高見澤清隆(六甲ミーツ・アート芸術散歩総合ディレクター/キュレーター)

【ゲストキュレーター】杉山武毅(RAIEC代表)