ニュースリリース

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ
4月10日(火)から「タイガース歴代監督特集〜虎の名将たち〜」を開催
〜トリックアートも新たなデザインで登場します〜

2018年4月9日

 

 

 

 

 

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)が運営する甲子園歴史館では、4月10日(火)から、企画展「タイガース歴代監督特集〜虎の名将たち〜」を開催します。

 今回の企画展では、チーム初の日本一を達成した吉田義男監督を初め、18年振りのリーグ優勝を達成した星野仙一監督など、33代にわたるタイガース歴代監督総勢24名を、印象的なエピソードや写真、展示品と共に紹介します。そのほか、月刊タイガース創刊40周年記念として、タイガースの監督が表紙になっている当時の月刊タイガースを特別に展示します。

 また、今シーズンの活躍が期待されるタイガースの選手が実際に使用したユニフォームやバット、グローブなどの展示に加え、2018年のタイガース新人選手のサイン入りの色紙なども展示します。

 更に、好評の「トリックアート」は、本企画展に合わせて、新たなデザインで登場。金本監督とグータッチをしているような写真を撮影することができます。

 企画展の概要は、次のとおりです。

 

 

【企称】

「タイガース歴代監督特集〜虎の名将たち〜」

【主な展示内容】

◎歴代監督特集

・若林忠志監督  1947年リーグ最高殊勲選手ペナント

・藤村富美男監督 サインボール

・藤本定義監督  1964年 寄せ書き絵皿

・吉田義男監督  1985年当時のユニフォーム

フランス野球ソフトボール連盟から贈られたペナント

・星野仙一監督  レプリカ帽子

・岡田彰布監督  監督時代のユニフォーム  他

 

◎タイガース2018年 選手写真・プロフィール紹介

・糸井嘉男選手  実使用バット

・鳥谷敬選手   実使用ユニフォーム

・藤浪晋太郎選手 実使用ユニフォーム

・ランディ・メッセンジャー選手 実使用スパイク

 

◎新入団・補強選手紹介

・各新入団選手のサイン色紙

・補強選手特集など 

 

【トリックアート】 

本企画展の開催に合わせて新たなデザインで登場。甲子園球場のグラウンドで金本監督とグータッチをしているような写真を撮影することができます。

開催期間 

4月10日(火)から7月29日(日)まで

開催場所 

甲子園歴史館内「企画展示コーナー」

入場料 

甲子園歴史館入館料に含まれます(別途料金は不要)。

 

     

      

  

 

甲子園歴史館営業のご案内

 <営業時間> 

午前10時〜午後6時(デーゲーム開催日は午前9時〜午後6時。11月から2月までは午前10時〜午後5時)

※ 入館は閉館時間の30分前まで

※ 催し物の開催等により変更となる場合があります。

 <休館日> 

月曜日(試合開催日、祝日を除く。)、年末年始

※その他、館内メンテナンス等による閉館の場合あります。

<入館料>

おとな600円 こども300円(いずれも税込み)

<場所> 

阪神甲子園球場 外周16号門横 

◎お問合せ 0798−49−4509(営業時間と同じ。)

◎ ホームページ http://www.koshien-rekishikan.com

以 上

 

※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、580.2kバイト)。