ニュースリリース

【六甲山観光梶z六甲オルゴールミュージアム
アンティーク・オルゴールで聴く映画音楽
〜懐かしの名画から最新映画作品まで〜
2018年1月12日(金)〜3月14日(水)

2017年12月19日

六甲山観光株式会社

六甲オルゴールミュージアム

 

  阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:秦雅夫)のグループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治)が、六甲山上で運営する「六甲オルゴールミュージアム」(博物館相当施設)では、2018年1月12日(金)から3月14日(水)まで「映画音楽特集〜懐かしの名画からスタジオジブリ、ディズニー作品まで〜」を開催します。懐かしの映画作品から、スタジオジブリやディズニーの映画、更には「美女と野獣」、「ハリー・ポッター」などの最新の映画の曲まで幅広い曲を、アンティーク・オルゴールなどの自動演奏楽器で演奏します。

 

■特集コンサート「映画音楽〜懐かしの名画からスタジオジブリ、ディズニー作品まで」

  懐かしの名画の曲だけではなく、現代の私たちになじみ深い映画音楽を歴史的価値の高い19世紀後半から20世紀初頭に欧米で作られたアンティーク・オルゴールなどの自動演奏楽器で聴くことができます。

  アンティーク・オルゴールなどの自動演奏楽器を動かし続けることは、過去の人々の残した楽器を知って頂き、保存していくうえでも大変重要です。今回の特集コンサートでは、関連イベントとして「無声映画の効果音オペレーター体験」も開催し、無声映画時代の人々へ思いを馳せることができます。

【開催日時】

  2018年1月12日(金)〜2018年3月14日(水)

  (期間中 木曜休館日)

【特集コンサート時間】

  10:30〜16:30の間、毎時30分から各回約15分間

  ※毎時00分から別プログラムのコンサートも実施しています。

  ※入館料のみでご参加頂けます。

【演奏曲目例】

  ・「愛のロマンス」(映画『禁じられた遊び』から)

  ・「ひまわり」(映画『ひまわり』から」

  ・「瞳をとじて」(映画『世界の中心で愛を叫ぶ』から)

  ・「美女と野獣」(映画『美女と野獣』から)

  ・「ビビデ・バビデ・ブー」(映画『シンデレラ』から)

  ・「風の通り道」(映画『となりのトトロ』から)

  ・「ヘドウィグのテーマ」(映画『ハリー・ポッター』シリーズから)他

【演奏楽器】

  ・ポリフォン54型“ミカド”/ドイツ/1900年頃

  ・ワーリッツァー・スタイル・“O”フォトプレーヤー/アメリカ/1920年

  ・ハーヴェスト/オランダ/1991年

  ・ウエーバー・デュオ-アート・9フィート・グランドピアノ/アメリカ/1920年代

 

■最新曲をアンティーク・オルゴールで演奏

  当館で制作した世界で一枚のディスクも使用し、現代の映画音楽をアンティーク・オルゴールで演奏します。当館では、2005年にオリジナルディスク の制作を開始しました。編曲作業からディスクのプレスまで一貫して館内で行っています。これにより、現代の楽曲をアンティーク・オルゴールで演奏できるようになり、現代の映画音楽も19世紀の音色で聴く事が可能になりました。今後もこうした技術を活用し、様々な企画に取り組みます。

  ※オルゴールの演奏をプログラムした金属の円盤。交換することで異なる曲が演奏できます。 

 

 

関連イベント

「無声映画の効果音オペレーター体験」

フォトプレーヤーで効果音をつける体験ができます。


[実施日]

  2018年2月10日〜3月11日の土日祝日

[体験時間]

  @11:30〜A14:30〜の特集コンサート時間内

[参加人数]

  各回4名様まで(先着順)

[料金]

  無料(入館料のみ)

[参加方法]

  当日、開催時間の30分前までに、

  当館スタッフに申し込みの上参加。

  バスター・キートン主演の無声映画等に合わせて、ボタンやペダルを操作して、場面に合った効果音を自由につけます。

  タイミングと音のセレクトが“カギ”です!

 

 

<ワーリッツァー・スタイル“O”フォトプレーヤー>
アメリカ/1920年


  無声映画にBGM と効果音をつけるために作られた電気モーターを動力としたアメリカのワーリッツァー社の自動演奏ピアノです。ピアノやオルガン、ドラム、シンバルなどの楽器を自動演奏するほか、映画の場面に合わせて、手動で鳥の鳴き声や汽笛などの効果音をつけることができます。さらに複数の効果音を組み合わせることによって、複雑な情景にも対応可能です。当館所蔵のフォトプレーヤーは、無声映画の全盛期であった1920年代に、シアトルの映画館で使用されていたものです。