ニュースリリース

六甲山スノーパーク
今シーズンは関西一番乗り!
11/18(土)からシーズンオープン!

2017年9月12日

 

 阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:秦雅夫)のグループ会社である六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治)が運営する六甲山スノーパークでは、2017−2018シーズンの営業開始日を、従来より2週間と大幅に早め、関西圏で最も早い(弊社調べ)2017年11月18日(土)にシーズンオープンします。

 六甲山スノーパークは、幼児から大人、未経験者からベテラン、更には初めて雪を見るアジア圏からの訪日外国人旅行者の方たちまで、幅広くウィンターレジャーを気軽に楽しんでいただける「雪のテーマパーク」です。例年は、12月第1週目の土曜日にシーズンオープンしていましたが、昨シーズンから、従来のものより2.4倍の造雪能力(240トン/日)がある前川製作所製新型造雪システム(アイスクラッシャーシステム)を導入したことで、2週間もオープンを早められるようになりました。これにより、今シーズンは、2017年11月18日(土)から2018年4月1日(日)までの計135日という長期間にわたり、スキー・スノーボードを楽しめます。昨今の気候変動による暖冬の影響で、スキー・スノーボードの愛好者の減少が心配される中、六甲山スノーパークでは気候温暖化に影響されにくい安定した営業をすることでウィンターレジャーの裾野の拡大に貢献していきます。

 その他、昨シーズン大好評を博した幼児対象のスキースクール「スノイルキッズスクール」を引き続き開講し、お子さまのゲレンデデビューをサポートします。これらの取り組みを通じて、今シーズンもより快適に、そして気軽にお楽しみいただけるよう、「雪のテーマパーク」の進化に努めていきます。

 

 

 

 

■ 2017−2018シーズン営業概要

【営業期間】

 2017年11月18日(土)〜2018年4月1日(日) 

  ※ゲレンデの状況により変更する場合があります

  ※スノーランドは12月1日(金)から営業します

 

【営業時間】 

 11月全日 9:00〜17:00(16:30受付終了)

 12月1日(金)〜4月1日(日)の月〜木(土・日・祝日扱い日を除く) 9:00〜17:00(16:30受付終了)

 12月1日(金)〜4月1日(日)の金および土・日・祝日扱い日 9:00〜22:00(21:30受付終了)

  ※土・日・祝日扱い日…土曜日・日曜日・祝日および12月25日〜1月5日

  ※スノーランドは全日9:00〜17:00

  ※3月11日までの土・日・祝日扱い日のスノーボード滑走可能時間は16時以降となります。

 

【料   金】

券種

販売時間

料金

備考

 

デイタイムチケット

9:00〜16:30

(ナイター営業日は9:00〜15:30)

 

2,100円

 

リフト料金別

ナイターチケット

16:00〜21:30

2,600円

リフト料金込

 

 

 

 以 上

 

  

 

 ※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、337.2kバイト)。