“たいせつ”がギュッと。

ニュースリリース

西宮駅商業施設「エビスタ西宮」の大規模増床を実施
〜「Quality Life Station」をコンセプトに、
西宮市の玄関口に相応しい魅力度の高いエキナカSCを目指します〜

2017年8月24日

  阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:秦雅夫)では、2018年秋の開業を目途に、西宮駅商業施設「エビスタ西宮」を大幅に増床することとし、8月下旬から順次、その増床工事に着手します。

 

  この増床は、西宮駅北側の駅前広場において、既存のエビスタ西宮と接続する建物(地上3階建て)を新築して実施するもので、開業時には、店舗面積は約1.6倍店舗数は約2倍と、現在と比べて大幅に増加することとなります。このように大幅な増床を行い、店舗の業種・業態構成を拡大することで、「Quality Life Station」をコンセプトとした上質なライフスタイルを提供する魅力度の高いエキナカSCを目指します。

 

  これまで当社では、「住みやすい」、「働きやすい」沿線となるよう、様々な取組みを行っておりますが、駅をご利用の方や駅周辺にお住まいの方の利便性をより高めるため、各駅において高架下商業施設のリニューアルに積極的に努めております。「エビスタ西宮」については、2003年の開業以来初となるリニューアルを2015年度に実施しており、今回の取組みも、これらの一環として行うものです。当社では、今後も引き続き、沿線活性化に向けた取組みを推進してまいります。

 

  工事期間中は、西宮駅をご利用の皆さまにはご迷惑をお掛けいたしますが、何とぞご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 

  今回の増床の概要は、次のとおりです。

 

【西宮駅商業施設「エビスタ西宮」増床の概要】

 

1 施設概要

  施設名称  エビスタ西宮

  所在地  西宮市田中町1番

  構造規模  鉄骨造・地上3階建(増床部分)

  延床面積  約10,000u(増床部分)

   ※ 既存部分と合わせた合計面積は約25,000u

  店舗面積  約6,000u(増床部分)

   ※ 既存部分と合わせた合計面積は約15,500u

     (うち、阪神百貨店4,577u)

  店舗数  約31店舗(増床部分)

   ※ 既存部分と合わせた専門店の店舗数は約60店舗

     (阪神百貨店を除き、既存の専門店29店舗を含む。)

 

2 スケジュール

  2017年8月下旬  増床工事に順次着手

  2018年秋     グランドオープン(予定)

 

 以  上

 ※ 印刷をされる方は、こちらをご覧ください(PDFファイル、214.2kバイト)。