ニュースリリース

【六甲山観光梶z六甲オルゴールミュージアム
特集コンサート 星空とオルゴール
〜展示室に広がる星空のもと、オルゴールの音色に耳を傾けて〜

2017年4月27日

六甲山観光株式会社

六甲オルゴールミュージアム

 

  阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:秦 雅夫)のグループ会社である、六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:宮西幸治)が、六甲山上で運営する六甲オルゴールミュージアム(博物館相当施設)では、2017年 7月7日(金)から8月31日(木)まで特集コンサ―ト「星空とオルゴール」を開催します。

 

  「特集コンサート 星空とオルゴール」 概要

  当企画では、満天の星空を投影したコンサート展示室で、アンティーク・オルゴールなどの自動演奏楽器 で、「星」 や「星座」「惑星」 にちなんだ曲を演奏します。 満天の星空へ、当館で人気の自動人形‘エクリヴァン’が来館者を誘います。

  きらきらとしたオルゴールの音色と星の光が瞬く空間で、ゆったりとしたひと時をお楽しみいただきます。

  市街地よりも5℃程度気温が涼しい六甲山で、煌めく星空と澄んだオルゴールの音色で、夏の暑さを忘れるひと時を演出します。

 

【開催期間】

  2017年7月7日(金)〜8月31日(木)

【コンサート時間】

  10:30〜16:30までの毎時30分から

  ※コンサートは各回約15分

  ※入館料のみでコンサートをご覧いただけます

  ※毎時00分スタートで別プログラムのコンサートを実施

【使用楽器例】

  レジーナフォン155型

   (ディスク・オルゴール アメリカ製、1910年頃)

  オルフェウス・トラディショナル スタイル801

   (ディスク・オルゴール 日本製 1996年)

  エクリヴァン

   (自動人形 スイス製、1988年 ミシェル・ベルトラン)

【演奏曲目例】

  「きら星変奏曲」  作曲 :モーツァルト

  「星に願いを」  作曲 :ハーライン

  「月の光」  作曲:ドビュッシー

  「星めぐりの歌」  作曲 :宮沢賢治

  「ムーン・リバー」 作曲:マンシーニ